鰻と梅干は一緒に食べちゃいけないっ!

 という話、ありましたよね??

 鰻の脂と、梅干の酸味が消化不良につながる…ということでございましたが、
実際は、梅干の酸味が、鰻の脂の消化を助けるらしい…

 そもそも、この話、
普段、梅干とごはん で生活している庶民が、
鰻なんぞの贅沢品に手をだしちゃいけないよ…という
いましめ的な説だった…という話を番組でしておりますが…

「食い合わせ」があるなら、「飲み合わせ」も、
あるっ!

 番組のトピックとしても取り上げましたが…

 これ、ダメ!
 カフェインとアルコールの組み合わせ

 カフェインが眠気を覚ますことは、よく知られておりますが、
酒とカフェインを同時摂取いたしますと、
カフェインが、酔った気持ちを覚醒させる…
 酔いが覚めた気がして、また、飲む。
 だけど、アルコール摂取は、ちゃんと身体に響いている!
だが…、
 カフェインが、酔った気持ちを覚醒させる…

 のリフレインでございます。

 ただ、ワタクシも、
カゥボーイの飲み方…とか、勝手に申しまして、
ホットコーヒーに同量くらいのバーボンを注ぎ、
その気になって飲んでたこと、ございました。
(どこかの西部劇で、カウボーイが焚き火の脇でこうやって飲んでたのを見た気がするの…)

 でも、ダメなのよね。

 特に、カフェインたっぷりのエネジードリンク、
 つい、カクテルしたくなるけど、
要注意!
160821.jpg
 それぞれ、別々に、飲もうね。
(写真は、参考程度のものです♪)


 あと、たぶん、あまり縁がないとは思いますが…

 東南アジアのフルーツ
ドリアン!(臭いが旨い!)と
酒は、一緒に摂取してはなりませぬっ!
 体内で、さらにアルコール発酵が起きまするっ!

 先日、トロントに行った…
というご報告はいたしましたが、
そのトロントのシンボルでもある、CNタワー。

 たまたま、今回は、CNタワーの周辺で、あれやこれや、取材しておりましたので、
こんな写真が撮れました♪

 楽しめるので、
ちょっと公開♪

 まずは、スタンダードなところで、
真下から!
160817-8.jpg
 
 もうひとつ、トロントのシンボルであるアオカケス=ブルージェイズのオブジェ。
 松井選手が居た(あれ? 違ったっけ?)
トロント・ブルージェイズの、ブルージェイズが、この鳥。
160817-10.jpg
 向かいのビルに写るタワー
160817-1.jpg
 捨てカット
160817-2.jpg

160817-3.jpg

160817-5.jpg

160817-9.jpg

 フェリーでトロント島にわたりますと、こんな感じ。
160817-4.jpg
 この日はロジャーズセンターでデイゲームが行われておりましたので、
球場の屋根が開いております。

 夜になると…
160817-6.jpg
 こんな感じで、絵葉書状態でございます。
 この夜景を狙って、多くのカメラマンでにぎわっておりました!

 こちらは、夜のタワー。
160817-7.jpg
 私が観察した限りでは、一晩中、ライトアップしておりました…
仕事絡みで神田明神に参りましたら、
納涼祭り開催中!

 そして、食いしん坊さん大集合の
絶品グルメ・ビール祭りも開催されておりました。
160814.jpg
 なんか、ジュウジュウと美味しいそうな匂いが漂っております♪

 ビールも、いろいろある模様。

 夜までやっているらしいので、
仕事が終わったら参戦いたします。

 暑い日の祭りは、盛り上がりまする〜♪

 3大七夕祭りって、
仙台、平塚、そして愛知の安城なんだそうでございます。

このうち、平塚だけが7月の開催。

 そして、
こちら、東京・阿佐ヶ谷の七夕まつりも、8月に行われる七夕まつりとして、有名でございます。
160810-1.jpg
 ちょっと最終日をのぞいてまいりました…

 実は、とある編集担当さんに、
「ブログを見ていると、山下さん、忙しそうなので…」と気遣われたため、
こりゃ、仕事をうっちゃって遊んでいるとこも見せておかないと、
編集担当さんが強気に出られない…!
 という魂胆もあっての、ご報告でございます(笑)

 七夕祭は、
 吹流しのような笹飾りがアーケードを飾りますが、
阿佐ヶ谷の場合、
なんといっても、地元の方々や市民や商店街の方たちが作ったオリジナルの飾り=いわゆるハリボテが浮かんでいるのが特徴でございます。
 このハリボテ飾りは、昭和29年の第1回開催から続いている伝統の飾り物なんだそう…

160810-2.jpg
 ゴジラ&ターザン。
 このターザン、ア〜アぁ〜っ♪ ってな感じで揺れておりますので、
ぶれております。

 日本酒のすず音も、笹飾りになって登場しておりました♪
160810-3.jpg
 ぷらぷら歩きながら、屋台で売られているビールをハシゴしておりましたら、
徐々にエンジン全開!
 そのあと、がっつり飲みに行ってしまいました…

 獺祭の旭酒造から、
精米の際に副産物として出る米粉を使った新アイテムが登場するということで、
先日、お披露目の会見がございましたので、
ちょっと、のぞいてまいりました。

 新アイテムは、ライスミルク♪
20160802.jpg

 これって、甘酒の一種??
 
 いえいえ、
甘酒は、米&米麹&水で作るのに対して、
ライスミルクは、米&水のみ。
 正確には、米粉と水ですわね。

 酵素糖化液製法という技術で、
米のデンプンを糖に変えまする…

 一般的に売られているライスミルクは、
甘味・塩分などが加えられておりますが、
こちらは、無添加。
 米のデンプンに由来する甘みのみ。

 そして、
甘酒の場合の糖は、ブドウ糖が突出しているのでございますが、
このライスミルクは、ブドウ糖、オリゴ糖など、糖のバランスが良いとのことで、

 ふむむ…
たしかに、まろやかな甘味。

 他のライスミルクを体験済みの方には違いがわかると思いますが、
初めてライスミルクなるものを飲む方にとっては、
なんだか、優しすぎる味…になるかも。

 そこで、
なんだ、かんだ、言ってないで、
皆さんに飲んでもらうことにしちゃいました。

 9月の放送でプレゼント致しますので、お楽しみに!