山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

心のマッサージだよ〜♪[エンタテイメント]
どど〜ん!
国本・忠臣蔵1

 先週、年末恒例「国本武春の大忠臣蔵へ行ってまいりましたぁ!
場所は、八王子のいちょうホール。
 歩行者専用の商店街をタラタラ歩いて駅から15分。
 きれいで居心地のよいホールでございます。

 いやぁ、今回も!
遊ばせていただきました、国ちゃん!

 国本さまのステージの場合、
観客参加パートが多いのせいか、
見て楽しんだというよりも、
国ちゃんと一緒!に遊んだ…という感覚が強いのでございます。

 最初はウォーミングアップを兼ねた、定番のかけ声遊び。

 ご存知ない方には、何がなにやらでございますが、
一応ね、
 浪曲師さんが舞台に出てきたときには
「待ってましたっ!」と声をかけるのが、
お決まりでございまして、
まずはこれで、ひとしきり遊ぶのでございます。

 そして、忠臣蔵。

 国本さまの創作浪曲ではございますゆえ、
正統派浪曲部分あり、ロックで歌う部分あり、
お客参加の部分あり…。

「殿中でござるっ、殿中でござるっ」
「あこ〜ぅぅローシッ」といったキモの部分は、
大盛り上がりでございます!

 こんなことやっておりますから、国本さまのステージは、いつもあっという間に終わってしまいまして、

「いや〜ん、もっと演ってぇぇ」という感じなのでございますが、

たった一人で、
歌って、
しゃべって、
唸って、
笑わせる芸人さんは、
そう、滅多に居るものではございません。

 曲がりなりにも、自分がしゃべる仕事をしておりますと、
1時間半を一人でこなすことの大変さが
もう痛いほどわかって、
ただただ
「この人、スゴイ」
の一言に帰結するのでございます。

 それに、
忠臣蔵も、何回も聞いた話なのに、

 やっぱり泣いちゃうぅぅ…。

 これが「芸」なのだと思いますが、
やはり、
一緒に遊んで大笑いしている分、気持ちがやわらかくなって、
おもしろいとこは、やたらおもしろいし、
悲しい部分は、やたらと悲しい…というように、
自分自身が柔軟になるよう、
心のマッサージをしてくださるのが、国本ライブ。

 ワタクシが国本さまにはまってしまう大きな理由は、
コレなのでございます。

 今週は、横浜・関内でステージがございますし、
18日は有楽町で昼・夜の2回公演、
翌19日は座間で、またお唸りになるわけで…、

 わかっちゃいるけど、きっと、また泣いちゃうワタクシ(♪)

国本・忠臣蔵2

 ライブ終了後にはサイン会。
会場で購入いたしましたDVDにサインもらったったっ♪


コメント

横浜、有楽町ときて、何故に突然、座間なんです?!座間って言っても分からない人多いと思いますけども。なので、解説致します。神奈川県の中央辺りに位置している市でございます。米軍のキャンプがございます。また、日産の大きな工場がかつてありまして、故ダイアナ妃が訪問された事がございました。その折にクラスの3分の2が授業をさぼって彼女を見に行った高校が座間高校です。私の母校でございます。
ドキンちゃん
(2007-12-03 23:29)
私も
何故また座間?とすごい疑問でしたが・・・
ドキンちゃんさんのコメントで自分の勘違いに気がつきました。
だって私の頭の中では沖縄の座間味の映像が流れてたんですもの(トホホ)
しかし今回の文章にはものすごいエネルギーを感じますねえ。
ドウケツエビ
(2007-12-04 07:49)
ありゃりゃ、本人です。
携帯からメッセージを入れたとばかり思っておりましたら、ありゃりゃでございます。

>ドキンちゃん
 そういえば、なぜに座間なんざんしょ。
 しかし、座間に、そんなダイアナ・ストーリーがございましたのねっ!

>ドウケツエビさん
 座間味で浪曲ライブ! 素晴らしいご提案でございましてよっ! いいなぁ! 

 
山下くに子
(2007-12-07 00:12)

コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。