山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 帰りがけにデパ地下に寄りましたら、
魚屋さんが、行き交うお客さんに
「はいっ! はまぐりっ! お買い得っ!」と
強く、強く、はまぐりをオススメするので、
今日は、はまぐりのセールなのかなぁ…と漠然と思っておりましたが、
よくよく考えれば、
今日、「ひなまつり」なのね…(笑)

そっか…

 貝合わせで、
二枚の貝をはずすと、他の貝とは合わないことから、
運命の人と、ちゃんと結ばれますように…の意味だった記憶が…

 そういえば、
ホテルの装飾も、ひなかざり、満開でございました。
170303.jpg

 つるし雛は、それぞれ意味があるそうで、
「馬」の雛は、「春駒」で、
馬の生命力と、順調に進む…の願掛け。
 はいはいしている人形は、
丈夫に育つようにという思いが込められているそうで…

 一応、食べるもの、着るものに困らないよう、
女の子の生活に必要な品が、吊るされているんだそうな…

 こういうのって,
ひとつ、ひとつ、
誰かが想いを込めて作るのよね…
 たとえ、オブジェだとしても…


 仕事上がりの、いつものセリフ。
「ちょっと一杯、やってく〜?」

「あ〜、
今日は、鬼やんなくちゃいけないからさ〜、
帰るわ…♪」

 特に、小さなお子さんがいらっしゃるパパたちは、
本日、家庭サービスのために、続々と帰宅。

 鬼に飲み仲間を取られるワタクシ…(笑)

 そんな中、番組収録では、
スタジオに、豆が!
170203.jpg

「これなら、撒いても汚れない〜♪」と、
きれい好きのプロデューサーRくん。

 たしかに、鬼は〜そと! とやっても、
すぐに回収可!でございます。

 うち、マンションなので、
どこかのおうちで、
ベランダに鬼を追い出している様子が、推測できる声が、
時々、聞こえてきて…

 なんか、微笑ましい…♪

 もっとも、鬼を祀っている寺などでは、
「鬼は外」が「鬼は内」になるようでございますが、
福知山市の大原神社では、「鬼は内、福は外」になるんだそうな。

 これは、厄の象徴である「鬼」は神社で担当し、
神社の外に住む氏子さんたちには、福が行き渡るように…ということなんだそう。

 ふぬ〜. 
ワタクシにはマネできぬ心の広さでございます。

 そして、佐賀の本経寺では、
「鬼は内、福は内」で、両方「内」なんだそう。

 これは、心のうちに誰もが持っている「鬼」と上手につきあうために、
自分自身の「鬼」を認識しましょう…ということとか。

 うぬぬ〜。
 ワタクシには、こっちが合っているかも…!

 ということで、
自分に向かって豆を撒いてみましたが、
この三角袋の豆だと、当たっても痛くない〜♪

 鬼とうまく付き合っていけそうでございます。

 2017年のNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が本日から放送というこでとで、
先日から告知などがバンバン流れておりますが、
何か、
いつもざわざわと心騒ぐものが…

 なんでなんだろ…

 ピンっ!
 わかりました。

 女城主といえば、
ワタクシにとっては、こちら、
170108.jpg
 岐阜の地酒「女城主」であって、
静岡・遠江の井伊家ではない(笑)

 こちらの女城主は、
岐阜県恵那市の岩村城の女城主
お直の方さまだそうでございます。

 とりあえず、
女城主飲みながら、おんな城主を見てみますかね♪
 新年、おめでとうございます!
170101161123.jpg

 東京は、例年に比較して暖かい気温&晴天だったせいか、
穏やかなお正月気分・倍増♪

 ワタクシはといえば…
昨年と同じで、
獺祭から送っていただいた元旦搾りをいただき、
お気に入りの料理屋さんのおせちをいただく…。
1701012.jpg

ウチの場合は…、
母も年齢を重ねておりますし、
昨年と同じように新年を迎えられる幸せ…というのを
感じております。

 変わること、
変わらないこと、
そして、変えていくこと…

 変化を望まなくても、
ワタクシたち、日々、老けていくので、
日々、変化しており(笑)
変化を恐れることはナンセンス。

 変化を変革に昇華する気持ちを養うぞっ…
 ぞっ! ぞっっ! (気合!)


 お正月用の買い出しに参りましたら、
野菜&おせち もさることながら、
酒売り場で、ワタクシの目に、
そして、ワタクシの胸に飛び込んできたのが、
こちら!

 いや〜ん、ワタクシの好物、
獺祭の寒造早槽が並んでいるじゃございませんか!

 新しい蔵を建設し、
増産体制が整ったこともあるとは思いますが、
首都圏営業チームが、販売体制を整えたことが大きいと思われ、
ワタクシの生活県内の伊勢丹クイーンズシェフに、
最近では、獺祭が当たり前のように並んでいることが、
酒好きとしては、うれしい限り。

しぼりたて生だから、
さっそく、いただかなくちゃっ! の使命感にかられ、
大晦日の夜を、
過ごしております。

 つまみは、
これまた、生活圏内の地産マルシェに、
これまた当たり前のように並んでいた
群馬のいちご「やよいひめ」。
これ、なかなか手に入らないのよね〜。
よく出回っている「甘いいちご」と違って、柔らかい甘さと酸味がお気に入り。
これを、つまみに、呑む!(笑)
さっぱり、すっきり、呑む!

 まぁ、そんな、こんなで、
1年、無事に過ごせました。
 いろいろあった…
 はずなのでございますが、
あらためて思い返すと、
あまり、いろいろ…は思い出せず、
大きなトピックをいくつか思い出す…という感じなのではないかしら。

 ワタクシの場合は、
酔って、夢見心地で、海外旅行をネット予約してしまい…、
翌日、確認メールを見て、びっくりしたけど、
すっかり、行く気になって、
カンボジア語の初級会話も覚えて
(そうです、カンボジアに行こうとしました…)
成田エクスプレスのチケットも取って、
すっかりその気だったのに、
仕事のトラブルで、
そのフォローのために、
旅行をキャンセルした…という
今年最大とほほ…ですね。

 来年、リベンジできるかな。

 2017年もよろしくお願いいたします。

 ほら、もう、そこに、来てます。
よいお年を!