山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 渋谷にまいりましたら、
音楽イベント、フルスロットル! の日でございまして…

 誰でも参加できる市民音楽フェス・渋谷ズンチャカが開催されておりました。

 渋谷のあちこちで、ステージが開設されているそうでございますが、
あの! 宇田川交番! の前には、
(あの激報なんたら、とか、警察24時間みたいな番組に、必ず登場する交番でしゅ!)
160904.jpg

 なんと、ピアノ、
それも、グランドピアノでございます!
 ぽよよ〜んと置かれておりまして、
(ゴージャス!)
アカペラコーラスのプログラムがおこなわれておりましたが
その、この、ピアノを通りすがりの人が弾いたり…も、できるらしい…

 いいなあぁ…、ピアノ。
最近、触ってないから、触りたい〜! けど、
本日、お仕事のため、通りすぎる…(笑)

本日は、9月1日、防災の日
ということで、
震災が起きたとき、
自分が取るべき行動について、
いろいろ考える機会があったのでございますが、

 それにしても、9月1日。
多くの小・中学校が、2学期のスタートでございまして…。
 胸に響くのは… 
やはり…

「追い込まれる…」という感覚を、初めて覚えた、小学校3年の8月31日。

そして、
宿題を、全て、やり終えていなくとも、
なんとか、切り抜けられる…という言葉を、いえ
言葉でなく、感覚を覚えたのが、9月1日。

夏休みの宿題って、それくらい、人生に影響を与えていたと思いまする…
今、
夏休みの宿題って、
以前に比べると、ものすご〜く減っているのよね。

例えば、でございますが、
あたいが、小3の時っ!、
 宿題のドリルとかは、イッキにやっておりますと、
この1冊を終わるまでに、どのくらいの時間がかかるのか…
子どもなりに予測がついたりするのでございますが、

工作系…になりますと、
ちょいちょいっ! と、できそうな気がしていたのに、
ものすご〜く時間がかかりまして、
スケジュール、大幅見直しを初体験したのも、
小3だったと思います…

この「調整」、
その後も、人生で続く、
大きな勉強でございました。

まぁ、もっとも、
「やらなくちゃイカンことを、溜める」って性格ありき…でございますが、
誰も、8月31日と9月1日は、
「夏休みの宿題」で、
個々、ちょっと苦い思い出、あると思うよ〜??

  東北・北海道は、台風の影響で不安な夜と思います。

  蔵見学で訪問させていただいた、秋田や青森・岩手の酒蔵、
大丈夫かなぁ…

  酒蔵の建物に、直接の被害があるとは、あまり思わないのですが、
建物と建物をつなぐ、豪雪を防ぐための渡り廊下の簡易壁とか、
ちょっとしたパテーション感覚の仕切りとか、
そういったものは、吹っ飛んでいるんじゃないか…と心配しております。

 一方、
ワタクシの生活圏では、
予想したほどの暴風雨にもならず、
夕方になると、急速に晴れてまいりました。
160830.jpg

  ただ、
台風一過という雰囲気より、
西の黒い雲に、
あの、台風10号に伴う線状降雨帯が来るの?
てな感じでございます。

 それにしても、
ニュースで、台風直撃エリアの映像を見ますと、
東北・北海道は、大変そうだ…

  夜の暴風雨は、怖いよね…
少しでも、不安と被害が少ないように…

 え〜っと、
前回の続きでございます。

 障害のある方との接点でございますが、
まず、ベースとして、
ワタクシ、目の不自由な方の基本的なガイドができましてございます♪

 たとえば、
点字ブロックがないところで誘導するとか、
見えている景色を、説明するとか、
時計の文字盤を想定して、方向を示す…とかね。
 
 それは、
学生時代に、たまたま目の不自由な方の施設でボランティアをさせていただいたり、
目の不自由な方の海外旅行のサポートをさせていただいたことがあったからでございます。

 で、また、話はドーンと飛んで、
またまた、昔、
日本航空JALの懸賞論文みたいな企画に応募いたしまして
ありがたくも入賞させていただき、
ハワイの航空券をいただいたことがございます。

 で、
あまり詳細を覚えていないのですが、
その時の表彰パーティで、
ものすごく、素敵な、車椅子に乗った方がいらした…♪

 これ、ミーハーですが、
外見で素敵でした。

 これまで、ワタクシの障害者の方との接点は、たまたま目が不自由な方がメインでございましたから、
いわゆるファッションのコーディネイトは、
ムリ…と思われ…

 それに、障害のある方は、
おしゃれよりも、着脱しやすいとか、ラクとか、
そういった実益が優先されると思っておりましたので、

 トラッドに決めたカレ(男性でした)に遭遇し、
けっこう衝撃的でした。

 自分で子どもっぽいとは思いますが 、
障害者でも、こんなにオシャレに気を遣う人がいるんだ…
という衝撃ね♪

 その後、
そういう意識になると、
原宿で遊んでいそうなファッションに身を包んだ車椅子の女の子やら、
バリバリ、ヘビメタファッションの、特注車椅子を操る男性に遭遇したりと、
なんだか、新しい気づきができるようになったのですね。

 基本、ワタクシ、ズボラちゃんなので、
きれいにオシャレしている方は、
障害の有無にかかわらず、
単純に、すごいなぁ…とパワーを感じまする…

 もちろん、障害のある方でも、ワタクシ同様のズボラちゃんはおられると思うのですが、
いろんな方が、いろんな状況で、
自分の好きなファッションを楽しめて、
障害のある方が積極的に楽しめるデザインの服も
もっと登場してくれるといいな…
と思うのでございます。
たぶん、
1年で1番、障害のある方について、気づき、考える日と思われます。

ですが…
話は飛んで、
ワタクシ、最近、NHKの教育テレビを良く見ております♪

理由は、
仕事の都合上、
1日、家に居たり、事務所に居たりしますと、
ずっとテレビをつけっぱなしでして
(一応、情報収集が目的ね…)

グループの解散の検証やら
お母さまの謝罪やら、があまりにも続きますと、
もう、いいわ…

 てな感じで、全然、別の世界に行きたくなるんですね…

で、
教育テレビ♪

 聞いたこともない言語の講義やら、
優美な古典文化の芸術やら
取材力と経済力駆使しての海外ものやら、
知らない世界満載〜♪

 岩合さんのネコ歩きを筆頭に
つ けっ放し&別世界と思っておりましたら、
おおっ
今夜、
思いっきり、どこかのテレビ局にケンカ売ってるような番組やっておりました。

「バリバラ」
障害者のための情報バラエティーでございます。
http://www6.nhk.or.jp/baribara/

  一応、放送業界に身を置いた人間にとっては、
「おいおい、大丈夫かよ…」的なテーマでございまして、
早い話、
障害に負けず、健気にがんばる障害者の様子を見て、
健常者が感動する図式は、どうよ? という内容。

 売ってるな〜。

 でも、
本日の日テレと、教育テレビのおかげで、
思い出したこと、あり…

長くなるので、
次回…。