山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 ご心配おかけしております。

 帯状疱疹のほうは、
よくある「帯状疱疹ってどんな病気?」の解説通り、
順調に(?)、病状の課程をひとつずつ進んでおります。

 2週間くらいは、見苦しい状況になるよう…。

 ワタクシの場合は、三叉神経、顔の左側に出ましたので、
昨日は、左の目も開かない状況…。
 顔の半分にしか出ないということでございましたが、
右のまぶたも赤く晴れて、半開き…。

 四谷怪談のお岩さんは、
精神的ストレスから帯状疱疹であった…という話がございますが、
なるほど…ね。似てる。

 ただ、
お岩さんの絵も、突然見るから驚きますが、
自分の立場に置き換えて、
あの状況になる課程を毎日見ておりますと、
夜中に、突然、洗面所の鏡でみても、
怖くない!

 これも、慣れ…ですな。

 とりあえず、
すっ飛ばせる予定は、すべてすっ飛ばさせていただいています。

 すみませんっ!

 いろいろ、世の中には、
ストレスを計測する器具がございまして…
ヘッドギアのようなものを装着して、脳派(?)を測るものやら、
手に汗握る!の応用で、ハンドギアで計測するものやら、
ペーパー上で質問に答え、そして対面形式でストレス計測して、
じゃじゃ〜んとストレス値を出す…

 ワタクシも、こういう業界におりますので、
そういうのを、取材でいくつか経験いたしました。

 で、
その結果が、
いずれも…

「山下さん! ストレス、無いですっ♪」
というもの。

 WAO♪♪

 ただ…
これね、
取材でやっておりますと、一応、ストレス度が出ないと記事につながりませぬ。
その観点で、
ワタクシの、ストレスゼロ状態は、かえってワタクシのストレスになり…(笑)

 まあ、そんなこんなで、
ワタクシにストレスは無いのでございますっ!

 で、
長年、そう信じておりましたら、
おっと〜、

 突然、帯状疱疹になってしまいました…
ビックリじゃ〜!
 原因は、ストレス だそうでございます。

 え〜っ? ありえません!
とお医者さんに反論したいところでございますが、
なってしまったからには、ストレスがあったのかな〜?
ストレスを、ストレスと感じないほど、
ワタクシ、鈍感なのかっ??

 月曜日に、お酒の会(龍力じゃ♪)に出たときには、
ちょっと、顔にピリピリ違和感…くらいで、
 火曜日、番組収録の時には、
プロデューサーRクンが、「あれ?どうしました??」というくらいに赤くて、
 水曜日には、出会うすべての人が「医者に行け〜!」というくらい水ぶくれができておりまして、
本日、医者にまいりましたら、完全有罪判決でございました〜!

 お医者さんは、
「ストレスが溜まっていたんですね〜」とねぎらってくださいました。
 薬をもらいにいった薬局の薬剤師さんも
「このところ、忙しかったんですか〜?」と心配そう…

 え〜、(こほんっ)
自分の感覚としては、
ストレス、溜まってないですっ!
何か、病気が出るほど、忙しくもないですっ!

でも、
こういうのが出ちゃうお年頃なのね〜。

 痛みが収まるまで、安静!(らしいです…)

 季節の変わり目、
皆様もお気を付けくださいませ…

 関東も梅雨入りでございます…

 先日までの夏日はどこへやら…

 肌寒いぞぅ!
160606.jpg
 なんとなく、早朝に薄ら寒いとヒーターを付けてしまう…(笑)

 そう、寒がりなのでございますっ!
 
 ございますがっ!

 いけないんだって、この時期、ヒーターやら、ストーブを使うのは…(涙)

 たまたま取材で、インテリア関係の方とお話しいたしましたら、
たいてい、
春先から気温が上がってまいりますと、
家のダニ(!)などが活動を始めるそうで、
今、寒いからと部屋の温度を上げると、その活動を保護してしまうのだそう(!)

 ちょっと気温が下がるこの時期にこそ、
ダニ対策で掃除したり、防ダニマットなどを敷いて、予防するのが良いんだって。

 要するに、掃除なワケね。
はい、はい、やります〜ぅ(涙)
@東京〜♪

 例年では、今日あたりが梅雨入りでございますが、
本日の東京は、
からりと晴れて、
湿度も低く、
紫外線は強く、
太陽の光が眩しくて、
ちょいと歩いている街角を撮影してみても、
写メが絵になる〜!

1606031464961246618.jpg
 これ、日本橋の三越の横。

 なんか、この、ビル街の歩道の感じと、
紫外線の強さが、
一瞬、
海外に居るみたい!

 そういえば…

 桜開花宣言とか
 春一番とか、
 梅雨入りとか、
 梅雨明けとか…

 天気予報のご担当の方々が、
いろいろ、季節の変わり目を教えてくださいます。

 ほれ、梅雨ですぜっ、
 季節が変わったのを認識してくだしゃんせ、
 昨日と同じ体制はダメですぜっ!
…と言われている感じ。

 それだけ、
我々は季節の移り変わりと密接に生きていることなんでしょうね。
そう、6月1日は、衣替えですもんね。

 ワタクシも、
 気分を変えて、
 とりあえず…
 でも、
(今、道に迷ってる…!)
 なんか、小学生がなりたい職業で、
上位に入ったのが、
ドローンパイロット だったそうで…

 ほんまかいな…?

 あの、ラジコンみたいな、
飛行体、
 ドローン。

 実は…

 持ってます(どっひゃ〜)
160509-2.jpg
 でも、
飛ばしたこと、

 ないです(笑)

 こちらは、
初心者でも飛ばしやすいタイプ。

 以前のタイプ&上級者向けタイプでは、
飛ばしたとたんに、
操縦者の経験不足で、
墜落!
 そのまま、合掌…

 ン万円(2桁ですよ〜)が泡と消える…
てな悲劇、
 よく聞いておりました。

 だからこそ!

 とりあえず、メーカーさんから講習会の案内がまいりましたので、
行ってみる! でございます。
 
 ということで、
ファーストフライト。
160509-1.jpg

 前進・後退を、スティックで調整いたしますが、
ドローンが回転すると、
ワタクシにとっての前進と、
ドローンにとっての前進の方向が食い違うっ!

 あんた、どこ、いくの〜っっ!

 戻そうとしても、思っている方向に行かないっ!

 ドローンの動きを見つめるあまり、
まばたきができんっ!
 目が乾く〜っ!

 これに加えて、カメラ操作なんてっ!
 そんな、余裕っ、ございませんっ!

 もっとも、この方向感覚と、
スピード調整を体得するのが、
ドローン操縦の第一歩。
 
 イッチョマエに、
ドローンで撮影やら、何やら、操縦できるようになるまでには、
フライト時間・10時間くらい必要だそうです。

 ということで、
今回、フライトが3分だったので、
あと、9時間57分♪