山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 定番クリスマスソングもいいけれど、
クリスマスをイメージさせてくれるアルバムが、好みなのでございます。
 華やかで、軽やかで、暖かくて…♪
この曲をバックに、サンタがプレゼントを配っていても、なんの違和感もない…

 そんなチョイスで、
 ワタクシの、
今年のクリスマス・ヘビーローテーションになっておりますのが、
ジャズの小林桂さまのアルバム。
「星に願いを」
131212.jpg

 タイトル通り、
ディズニーのナンバーをジャズにアレンジしたものでございます。

 もうね、
人生、山のようにクリスマスソングを聞いておりますと、
この時期、
「クリスマス」「サンタ」「ホリーナイト」「ホリデイ」といった
クリスマスワードが入っていない曲を聞きたいな…と思う瞬間があり、
 だけど、
やはりクリスマスシーズンなので、
気分はクリスマス♪ が必須!
という、わがままリクエストなのでございます(笑)

 それに、ぴったんこ♪
なのが、これ! でございますっ!

 なにはともあれ、
ファンタジック&ドラマチックで、とことん夢と幸せを追うディズニーのコンセプトが
クリスマスにぴったり。
小林さまの、ほんわりぬくぬくのボーカルも良いし♪

これ、
現在、ワタクシとしては、
レディー・ガガのアートポップの次に、ヘビーローテーションでございます。
(両極端すぎ!?)
 誘われて、
とあるクラシック系のリサイタルに行って参りました♪

 今回、
「誘われて」がキーワード。
 やはり、誘われて、行ってみるもんでございます♪

 たまたま今回のアーティストさんは、
現代に近い1800年以降系、&変調子系がお好きな方のようで、
ワタクシの守備範囲になかった音を存分に聞かせていただきました。

 なんのかんので、ワタクシ自身、
4拍子に、時に2拍子が入るなど、
変調子の意外性が好きなので、
ガンガン反応しております(笑)

 ついでに、音階が移動するような転調も好きでございます(♪)
(カエラちゃんのバタフライのような曲ね♪)

 自分の守備範囲以外の音楽を聴くのは、楽しい〜♪
 
 ま、
当面の問題は、ポール・マッカートニーに行けるのか!? 
でございますが…(暗雲)

 
本日は、タワーレコードでじっくり徘徊の日。

 いろいろ視聴して、いろいろPOPを舐めるように読んで、
なんじゃら、こんじゃら、買い込みましてございます♪

 その中のひとつ、
130801-2.jpg
 タワレコがやっている千円生活シリーズのひとつ〜♪
 缶入りCD3枚組のシリーズ♪

 CD1枚10曲としても
(本当は20曲ほど入っております、ほれ、昔の曲だから、1曲短いし♪)

 コスパ、むっちゃくちゃ、良いうえ、
缶も素敵♪

130801.jpg 

 CDしか入っておりませんゆえ、上げ底でございますが、
この缶に、他のCDも収納し、おクルマ移動用のCDケースに致します♪
デイヴィッド・フォスター様のライブに行ってまいりましたわ、もちろん♪
DF.jpg

バタバタ忙しい時期でございましたので、
「月曜日はディヴィッド・フォスター」と呪文のように唱えていないと、
行くことすら忘れてしまいそうで…(笑)

 去年に続いての来日。
 きっと去年のライブが快適だったのでございましょう、
今年のステージはかなりリラックスした感じで、
デイヴィッドがホスト役として、ものすごく上手にステージを仕切っておいででございました。

 今回、すべての観客にうらやましがられ、そして愛されたのが、
最前列に座っておられた、タムラさんとおっしゃる男性。
デイヴィッドに「タカ」とニックネームをつけられ、ずっといじられ続けていました。
 海外公演の様子とか見ると、
デイヴィッドは、今回のように、ある一人の観客を決めてやりとりをし、
盛り上げていくのがお得意のよう。

 ライブはといえば…
オープニングは、ワタクシが世界一カッコイイ曲と思っている「ウインター・ゲームス」。
 あ〜、今年もナマで聞けた…♪

 ワタクシ的に、今回のお目当ては、ベイビー・フェイス様でございます。
 ボーイズUメンのメドレーも披露♪ 
 ワリと「静」のイメージがある彼でございますが、
曲中に、ステージから客席に駆け下り、東京フォーラムのあの広い客席中央を、ぐるっと一回り。
 ずっと走りながら歌っているのに、歌がぶれない! 
 シンガーとしてもさすが!でございます。
 そして、ワタクシが世界で一番コード進行がカッコイイと思っている「チェンジ・ザ・ワールド」を歌ってくださって、
もう、もう、うれし涙…。
 最初の「ウインター・ゲームス」と、この「チェンジ・ザ・ワールド」で
今回のワタクシの目的は達成されておりますので、
あとは、みんな壮大なオマケでございます。
 チャカ・カーンも偉大なるオマケでございます(笑)

DF チラシ.jpg

 そして、かなりの余談でございますが、
当日、デイヴィッドの奥様(モデルのヨランダさま)が会場に来ていて、
会場のファンに軽く挨拶をされました。
 さすが、スーパーモデルの彼女、
黒のシンプルなノースリーブのワンピースでお召しになっておられて、
それがまたカッコよくて…♪
 
 昨日、まねして、同じような服、買ってしまいました(笑)

DSC_0739.jpg

 ミュージカル「RENT」を書いたジョナサン・ラーソンが自身をモデルにしたミュージカル、
「チックチック...ブーン!」を観に行って参りました。

 単純に、
山本耕司×すみれ×ジェロの組み合わせが「面白そう♪」と思ったのでございます、はい。
 ジェロは演歌歌手、すみれさんは、石田純一さんのお嬢さんで、バラード系の歌がうまい…すね。

 会場は入って、まず驚いたのが、客層。
 歌舞伎の観劇会かと思うほど、年齢お高めのマダムでいっぱい♪
 たぶん、女性率90%、平均年齢40代。
 山本さま人気+ジェロさま人気??
 すごいです〜♪
(ワタクシも平均年齢上昇化に貢献(笑)

 その客席の期待に応えるかのように、舞台出ずっぱりの山本さま。
 さすが、以前も演じた、惚れ込んでいる役なので、安定感がございます。

 予想通り、出演の3人が、
芝居のベースも、音楽のルーツも全然違っていて、
それが、かなり楽しめました。
 
 しかし、何より、かにより、
一番印象に残っちゃうのは、
山本さまの演技でも、ジェロさまの歌唱力でもなく、
すみれさまの脚の長さ♪
 普通歩くだけでも、動きの全てがチアのステップに見えちゃうところも新鮮でございました。 
 でも、ほんと、脚、長〜い♪♪

 横に並びたくない女性…