山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 恒例となった、京都・獺祭の会。
 今年も、お手伝いさせていただいております♪
160515-1.jpg

 そういえば、例年はGW前だったけれど、
今年は、なんと、葵祭当日。
 みなさん、行列を見物してからの参加なのかしら。
 それとも、「葵」より「獺祭」のチョイス?
 友人のマダムNさんも、祭り見物がてら東京から参加でございます。
 
 それにしても、
京都ブライトンホテルのコース料理で、獺祭が飲めるなんて、うらやましい。

 そして、いつものことで、
イベントが始まってしまうと、なんやかんやで、
料理の写真なぞ、取り忘れます。

 ほっと一息、
イベントの後は、京都の酒屋さんオススメの「床」へ…♪
160515-2.jpg

 日曜日の京都は、最高気温28℃ということで、
夕暮れ時の川風が気持ちい〜。

 床って、6月からだと思っておりましたが、
すでに、やっている模様。
 特に、5月は、ランチもやっている床があるんだそうでございます。
 昼から、床で、優雅にゆっくりランチビール…
 京都で絶対やりたいことにひとつになりまする〜♪

 陽が落ちると、こんな感じ。
 ほろ酔いに川風が気持ちい〜。
160515-3.jpg

 やはり、水辺は良いわね。


 ゴールデンウィークということで、
六本木ヒルズでは、恒例の
サントリーの
プレモルフェスタが開催されておりました。
 160429-1.jpg

 正式には「ザ・プレミアム・モルツ フェスティバル」でございますが、
そんな長い名前で呼ぶのは、スタッフぐらいのモンですがな…

 プレモルフェスタ! ね!

 全国17都市で開催ということで、
他の地域には行ったことがないので、わからないのでございますが、
東京会場である六本木ヒルズでは、
チョコっと飲みたい人向けのスタンドと
フツーに飲みたい人向けのガーデンと、
マスターズドリームだけを狙う人向けのラウンジがございまして、
いずれもお得ではございますが、
大屋根広場のガーデンだと、240mlで1杯100円と超リーズナブルだけど、
いただけるのは、「プレモル」と「香るエール」の2種類のみ。

160429-2.jpg
ガーデンだと、「プレモル」「香るエール」「黒」
&会場限定の「サマースペシャル」…の4種類が、それぞれ1杯200円。
1杯300mlだから、かなりお得〜♪
 350円で、「マスターズドリーム」も飲めちゃいます♪

 ワタクシの場合、
ビールは、好みのものを、
ぐいぐい、がばがば、いただければ大満足!
 でも、
なかなか、飲み比べはできませんからね。

 積極的に飲み比べまする♪

160429-3.jpg
 こちらが会場限定の、サマースペシャル。
 プラカップ正面のラベルで見分けられます♪

 で、
面白いのは、
「ビールの銘柄なんて気にしたことない」とか
「ビールは乾杯ぐらいで、あまり好きじゃない…」
てなコト言う人でも、
飲み比べると、
「これ、好き♪」とか、「これ、お替り♪」とか
ちゃんと、テイストを区別しちゃうこと、なのでございます。

 この夏はお気に入り銘柄を探そう〜っっ♪ 
先日、黒牛の会へ。
160407.jpg
この黒牛、
ワタクシにとっては「痛恨」のブランドでございまして(笑)

 以前、
利き酒マッチングの、ものすごく大切なテストで、
この「黒牛」を間違えた過去があり…

 黒牛の酒瓶を見るたびに、
そのときの「くくっ〜っ!」という悔しさを思い出します(笑)

 だからこそ、
今でも、
ものすごく大切に慎重に味わうブランド。

 つまみが、
ほたるいかや、
鰆の道明寺蒸しやら、
な〜んか、
「春」になってございます♪

 祝! 北海道新幹線・開通! でございます。

 いろいろ報道されております通り、
終着駅の「函館北斗駅」は、
当然
「函館」ではなく、
移動に、20分ほどかかるのでございますが…

 多くの方が、函館に立ち寄る計画と思われ…!

 いろいろなギョーカイで、
函館の「酒」は、注目を集めているのでございます。 

160328.jpg
 ということで、
番組でもご紹介いたしました!

 2月に開催されておりました「トレードショー」でも、
函館の西武地区をスペインの街並みに見立てて飲み歩きを楽しむバル街の様子が、
来場者の関心を集めておりました。

 イベント自体は、年に2回のようでございますが、
北海道新幹線の開通で、
旅情あふれる函館で飲みたい人は、そりゃ増える!でございます。

 函館って、
初めて函館にきました 〜 という方にとっては、

まず「朝市」!
かもしれませんが、

酒好きさんたちは、夜、繰り出して〜!
(頑張って、ホテル確保してくれ〜!)
 さて、
何と読むでしょう〜??

 福島の蔵元、
豊国酒造が醸しているお酒でございます。
160323.jpg
 一歩己は、震災後に誕生した新しいブランド。
「いぶき」でございます♪

 自分自身で踏み出す新しい一歩。
 蔵元の復興への想いが込められております。