山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 先日、
東北六県 魂の酒まつりをのぞいてまいりました。
20150913_182509.jpg

 東北といえば、酒どころ。
 飲んだことがある蔵もいっぱいあるけれど、
500種以上が並ぶとなれば、
飲んだことない酒の方が圧倒的多数でございます。
 20150913_193930.jpg

 大行列になっている秋田の新政を始めとして、
いつも飲んでいる秋田や青森の蔵の酒は、
他の方に譲る…の気持ちで、
 お初にお目にかかる蔵を中心に、
並んだブースの端っこから
順番に試飲してまいりました!

 ただ…
これが、
アホでした。

 今回、参加は131社。
それぞれが、1アイテムではなく、4アイテムほど持ってきておられますので、
並んでいるのは500種を超えるそう…

 1アイテム10ミリとしても、
5蔵でそれぞれ4アイテム飲めばも回れば、1合強換算。
 500種飲めば、
28合近く飲むのね〜。
ほぼ1升瓶3本!

 ……!
 無理〜っ!!

 でも、
「ここで初めて出会う酒は、味を見ておきたいっ!」の
気持ちひとすじで、
なんちゃらこんちゃら、
7合くらい飲んだ…。

 全制覇はもちろんムリでございましたが、
そんだけ飲んでも、ワタクシは全然へっちゃら〜♪ 

 「美味しかった〜」「いっぱい飲んだ〜」
と、心の中で叫びつつ、
会場出口に向かっておりましたら、

完全にお客様誘導のアルバイトと思われるスタッフの方に

「だっ、だっ、大丈夫ですかっ!?」
と声をかけられました。

 ありゃ!?
 ワタクシ、
どんな歩き方していたのかしらん??
 自分では、へっちゃら気分でございましtが、
ハタから見れば、
立派な 幸せ千鳥味だったのね(笑)

 ただ、
その一言で、
「あれ? わたし、ものすご〜く酔っているように見えるんだ」との意識が生まれ、
ほわほわ気分から、
「周囲の人に不気味に思われないように、しっかり帰ろ♪」と
方向修正させていただくことができました。

 次回までに、
もっと飲める体力をつけねばっ!

(基本、お酒が飲めない人は、努力しても、飲めるようにはなりませんので、注意!)

 こちら、会場で配布されました、おつまみ。
20150913_214155_001.jpg
宮城のふきのとう味噌 やら
青森のしめ鯖 やら
秋田のとんぶり やら
山形のだし やら
岩手のいくら醤油漬け やら
福島の桃酢漬け やら、
東北三昧♪
 秋田のお酒と食材が楽しめる、
秋田SAKEカフェをのぞいてまいりました。
150905-1.jpg
 
 このイベントは、
日本酒の蔵元だけでなく、ビールやワインの醸造元も来場いたします。
150905-2.jpg
20150904_184434.jpg
 由利本荘市のプラムで作るワインにも遭遇。
初めて飲んだ〜♪

20150904_193330.jpg
 当然、日本酒もぐるっと回ります。
 それぞれの蔵で採取した酵母で作られたお酒は、
各蔵の特性がわかって、おもしろい!

 いつものことながら、
酒を一生懸命試飲しておりますと、
ビュッフェスタイルの料理は完全に出遅れます。

 案内のメニューには、
秋田由利牛の炙り焼き、
白身魚とホタテのポアレ、
椿山荘特製ビーフシチュー
(会場が椿山荘でございました)
などなど、美味しそうな料理の名前が並んでおりましたが、
ワタクシには
稲庭うどんしか残っておりませんでした…(泣)

 ま、いつものことだけど(笑)

 お気に入りの銘柄「モルツ」
150828.jpg

 プレモルではなく、これが好きっ!

 ふわっとフルーティで、炭酸が繊細で、
味わいも柔らかくて、大好きっ!

ですが…、
1986年の発売から29年、
もうすぐ販売終了になってしまうのでございます(涙)

 9月8日には、
新しいモルツ「ザ・モルツ」が登場するそう。
 味も一新するそうなので、
きっと、コクがプラスされるんだろうな…

うちの近くのスーパーでも、
在庫分を売ったら再入荷は無さそうなので、
残暑に飲む分を、買いだめ中。
 
番組でもご紹介した、
「RTD」でございます。

 Ready to Drink

レディ・トゥ・ドリンク
すぐ飲めるって意味で、
プシュ!とやればすぐ飲める缶チューハイや、缶カクテル、缶ハイボールなどを指しております。

 同じ「すぐ飲める」でも、
ビールのように、単体ではなく、
 焼酎とジュースを合わせるとか、
ジンと炭酸を合わせるとか、
何かしらブレンドして、ひとつの製品として完成しているものを指しているようです。

 よくあるカロリーオフとか糖質オフ、ゼロ系も、このカテゴリー。

 このRTD、マーケットが7年連続で拡大しているということで、盛り上がっております。

 で、このところ、ウチの冷蔵庫にも入っているのが、
ジムビームのシトラスハイボール。
20150728_144517.jpg

フレッシュ・グレープフルーツの味わいを出すために、
3種のグレープフルーツ・スピリッツを使って香味設計しているそうな。

 これ、美味しい♪

 製品としての完成度は高いけれど、
アルコール度数6%のため、
ワタクシの場合、
これに、もうちょっとバーボンをプラスして、いただきます(笑)

 ビールもいいけど、
こういうのを、休日のおやつタイムに、
ちょっと飲んで、
そのまま、だらだらと、
早めの夕食に突入するのが
楽しいんだな♪
 ワイン&パスタで軽くいくか、
 日本酒&焼き魚の組み合わせにするか、
気の向くまま…。

 今日は、どっちかな。
 
先日、番組でご紹介いたしました、
椿山荘東京で開催された
「日本で飲もう最高のワイン2015 テイスティングパーティ」
150713_1 会場.jpg

 出品されたワインがずらりと並んでおりまして

 審査結果は、すでに出ております。
150713_ パンフ.jpg

 片っ端から味を見ようと企てましたが、
なんせ、数が多すぎます〜(涙)

 で、このあたりを集中的にお味見♪
150713_185856_001.jpg

 それにしても、
ワインのラベルって、個性豊か。
 ちょっと並べてみます。

0713_1 肥後赤椿 マスカットベリーA 日本.jpg
肥後赤椿 マスカットベリーA

150713_1 アンジョレッティ ロッソ  イタリア.jpg
アンジョレッティ ロッソ (イタリア)

150713_1 シャトー・タイヤック フランス.jpg
シャトー・タイヤック (フランス)

150713_1 ダイモン・ブランコ スペイン.jpg
ダイモン・ブランコ (スペイン)

150713_1 チック2014 チャレーロ100% スペイン.jpg
チック2014 (スペイン)

150713_1 マラ・ヴィーダ スペイン.jpg
マラ・ヴィーダ (スペイン)

150713_2 トッコ ピノ・クリージョ イタリア.jpg
トッコ ピノ・クリージョ (イタリア)

150713_1 ラブ・ホワイト チリ.jpg
ラブ・ホワイト (チリ)

 どんな味なのか、思わず飲みたくなるなる♪