山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

佐賀発の人気銘柄
「鍋島」

 飲み比べ でございます♪

 もともと平成10年に誕生した、まだまだ新しいブランドでございますが、
 2011年のインターナショナル・ワイン・チャレンジ
日本酒部門で、
大吟醸がチャンピオンになり、
一気に、人気に火がつきましてございます。

150807-1.jpg
 定番の特別純米


 墨字のロゴが印象的ですが、
鍋島はラベルがきれい。
150807-2.jpg

150807-3.jpg
 

150807-4.jpg
 こちらは、夏限定のお酒
 鍋島サマームーン
 ワタクシにはライチのような香りと、きれいな酸味で、
とっても飲みやすい!
 
 全8酒を飲ませていただいたのですが、
飲み始めると、写真撮るのを忘れます(笑)

 もともと、生産量も少なく、
入手困難酒のひとつゆえ、
出会ったら、
やはり、
写真より「呑み」優先! ですよねっ(笑)


 
 
 酒呑みにつき、
やはり、お酒のレポートをせねばならぬのでございます。

 出港の際に振舞われるシャンパン。
150720-1.jpg

 グラスはプラスチック製なので、
おっとっと…のケースでも大丈夫。
 ちなみに、おかわり自由。

 横浜出港も、鳥羽出港も同じでございました。

 メインダイニングで夕食を取る場合、
洋食となるので、
ワインリストを渡されます。

 そこで、
「日本酒のメニューください!」と言いつつ、
一応、飛鳥名物のエビスは押さえます。
150720-2.jpg

 日本酒&焼酎メニュー、こちら。
150720-3.jpg

 このお値段! 
がぶがぶオーダーできます(笑)
 でも、
飛鳥初心者としては、やはり、オリジナルをいただかねば…

 櫻正宗の本醸造。

150721-sakura.JPG

 これが、けっこう辛口でさっぱり
していて、
フレンチメニューに合う!

 櫻正宗がさっぱり系だったので、
華やか系の梵も頼んでみました♪

 おおっ! 
この味わいなら、メインの牛肉に合いまする〜!

P1020342.JPG 
 このボリュームで、ハーフポーションね…(笑)

 たまたま日本酒を頼んだ隣のテーブルの女性に声をかけてみます。
「梵も、おひとつ、いかが〜?」
150721-bon.JPG
 
 で、仲良くなった、お隣の女性
「燗もつけてくれるらしいわよ」

 ひゃ〜、クルーズしながら熱燗か…
 酒呑みの憧れだわぁ。
 
 ま、本日、熱燗は、
次にクルーズに来るときの楽しみに、とっておきます。
(いつ来られるの〜?)

 …ということで、
ワタクシの飛鳥Uでのお酒は、
出港時のシャンパンと、
ダイニングでのビールと日本酒のみ。

 ちなみに、
客室キャビン内の冷蔵庫(無料)は、
スイートクラス以上だと、缶ビールも揃えられているそうでございます。

 今回、
お料理がフレンチで、
ワインリストを持ってくるのに、
「日本酒、ある?」と聞けたのは、
ホールスタッフのフレンドリーな雰囲気があったからこそ…

 なかなか、
フレンチで日本酒をオーダーできるケースは多くないので、
完全夏休みモードのワタクシとしては、
美味しい料理に、好きな日本酒をいただけて、
もう、大満足のディナーでございました♪

 蛇足ではございますが、
飛鳥Uは、寄港地ごとに、
その土地の特産物などを積み込み、
ショップで、お土産品として並べておられます。 

 そんなら、
あの…、
地酒も積み込みませんか?

 例えば、日本1周クルーズで、
海を眺めつつ、たらたら過ごしていると、
寄港地ごとに、地酒が、次々と向こうから乗り込んでくる! 

 こりゃ、
酒好きには、たまりません〜!

 飛鳥Uの企画担当さん、
ご検討、よろしくお願いいたします!
(積立貯金しますっ!)

で、
今回、積んでいた日本酒&焼酎は、こちら。
P1020316.JPG
 広島のお酒、賀茂金秀♪

150711-1.jpg 
この書体が、酒の力強さとふくらみを感じまする〜♪

 蔵元さんのお名前と、蔵がある地区の名前を組み合わせて
「賀茂金秀」と命名されております。

 夏のお酒、辛口純米
 キレはあるけれど、
爽やかな甘さと軽やかさで、ぐいぐいイケます。

 そして、
ワインのようなラベルは、
アルコール度数を抑えた
特別純米。
150711-2.jpg
 それなりに「酒飲み」と呼ばれるワタクシでございますが、
やはり、盛夏になりますと、
あまりの暑さに、アルコール度数の高い酒は飲み疲れます。
 そんな日々に活躍してくれそうな気配…♪

 うふふ、飲んだ、飲んだ♪
なんか…、
幸せ♪ 酔っ払いの図〜♪
でございますので、
掲載決定♪

150614.jpg

 先日、
岩手の蔵元、南部美人が、
全国新酒鑑評会において、金賞を受賞したということで…
いえ、
本社蔵と、去年新設された蔵での2製造場での
タブル金賞受賞を獲得した! との、
非常に珍しいケースということで、
フルネット主催の祝賀会が開催されました。

 そこでの、蔵元さん
南部美人の久慈さんとの1ショット。

 あっは〜♪な雰囲気にございます。

 今回、
ダブル受賞がすごい…のではありますが、
他蔵のみなさま
苦節何年…金賞受賞…てな過去がある中、
去年、立ち上げた新蔵で作った酒で、
すぐ金賞取っちゃうことがすごいのであります♪

 この新蔵、
馬仙峡の伏流水を使用しておりまして、
酒造りには、うってつけの水質だそう。
 今回、
新蔵と、本蔵の両方で作った酒を利き酒をさせていただきましたが、
たぶん、
会場にいた8割以上の方が、
新蔵の味が好み♪ と表明。

 はい、
ワタクシも、その一人ではございました(笑)

 この南部美人の蔵元さん・久慈さんは、声が大きい♪
&ほっとけば、どんだけでもしゃべるパワーがあり、
それだけの発信力がある方でございます。

 以前、東日本大震災の際の「自粛ムード」に対し、
いや、花見をやってくれ〜、
その中で、東北の酒、飲んでくれ〜!

 と発信し、時の人となりました。

 裏事情で言えば、
東北の蔵元同志で、
「自粛せず、東北の酒で花見をして、と発信しよう!」
という話がまとまった際、
他の蔵が
きちんとビデオカメラで撮影し、編集し、発信する…
という過程を踏んでいるところ、
久慈さんは、PCの前でに、
スカイプで
チャチャッ! と撮影し、
そのまま動画発信したため、
一番最初に発信されることとなり、
オピニオンリーダーになったそうでございます。

 ま、
その行動力が、リーダーの要素。

 久慈さん、がんばってね。
 

 日曜日は、京都・獺祭の会でございました♪

 いらしたくださった皆様、ありがとうございました!

 今年は、例年より、ゆとりがある雰囲気で、
スタッフも、なんとなく余裕がございます。

 杜氏職である西田製造部長も、蔵から駆けつけて、
いつもの笑顔〜♪
150421-2.jpg

 余裕があるなら、もっと写真を撮れば良かったのに、
反対に、
のんびりしてしまって、
写真を取ること自体を忘れておりました(笑)

 それでも、
いつものように、蔵元と記念写真。

150419-1.JPG 
 ちなみに、
ワタクシの髪の毛、
左の、ちゅるんっ!とはみ出している部分は、
そういうデザインなのか、
ほつれているのか、
ずっと謎のまま…でございました♪