山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

 美と健康のために、
飲んで酔ってから深夜のラーメンは食わん! 
と決めているワタクシでございますが…

 昼間は食べますわよぉお!

 特に、飲んだ翌日のラーメンは美味〜! 美味〜!
 特に、塩ラーメンがごひいきでございます。

 で…
 ワリとよく行くラーメン屋さんがあるのでございますが…

 そこに参りましたら…
ラーメンに入っているはずのチャーシューが!

 1枚少なくなっちょりまするっ!

 確か2枚入っていたのになぁぁ
 さりげなく周囲を見回しますと…
 みんな1枚だ…

 たしかにサイズはちょっと大きくなっている感じではございますが、
これって、
 さりげなく実質値上げ?

 しょぼ〜ん…
体育会系のノリで、
後輩のワザを見守る先輩の図

大晦日用1


 一応、蕎麦打ちでございます。

 今年、収穫した蕎麦で打っているのでございますが、
もちろん、打ち方はワタクシではございません。

大晦日用2

 
 蕎麦打ちは、やはり経験がモノを言いますでございますから、
1度しか打ったことのないワタクシですと、
こうキレイにはまいりませんことよ。

大晦日用3


 自分で収穫した蕎麦で、
自分で手打ちして、
自分で食べられるようになるには、
あと何年かかることやら…


 もっとも、
蕎麦打ちが上手くなるよりも、
蕎麦打ちが上手い方とお知り合いになる方が希望でございます。

大晦日用4 


 ということで、
もうすぐ、よいお年がやってきますよ〜ん♪
どほほっほっほほ〜いっ!

 ワタクシのおうちの狭いバスルームが
たいへんな栽培ルームに変貌しておりましてよっ!

 山から椎茸菌を打ち込んた原木を持ち帰って2ヶ月。
ただの丸太でございましたのに、
いったい、原木ちゃんたら、
何が起こったのでございましょっ?

風呂しいたけ 


 はい、その気になっただけのことでございます。
 いえ、その木に成っただけのことでございます。 おそまつっ!
 前回、ちょこっとアップした
お酒の会の第2弾。

 「旭若松を楽しむ会」でございます。

 旭若松は、徳島の30石という小さな蔵でございますが、
今年から倍の60石をつくるそうで、
どっしり系のお酒が好きな人々が集まっての会。

 もっとも、
場所が池袋の「坐唯庵」。
価格帯はフツーの居酒屋でございますが、
ここの料理人のこだわりはすごいのよ。オイシイの。

 で、
お料理に感動して、いろいろ撮影した…と思ったのでございますが、
実は、
感動して食べていただけで、
報道活動は何もしていなかったよう…(笑)

 写真、ナイ。

とりあえず、前回のリピート。

若松の会 3


 撮影してあったのは、こちら、
豚肉の角煮と大根。
 この濃いお味が、熟成感を持つ旭若松にぴったんこ。

若松の会 2


 豚肉好きのワタクシ。
 酔っ払いながらも、
角煮を、八角でなく、グローブを使って煮たというまろかや風味、
上にこんもりとかかる 白髪ネギならぬ、白髪セロリに感動して、
これだけは撮影したらしい…。


若松の会 1

 今回のラインナップの中で気に入ったのはこちら。
 ひなたの優しい香りと、少し草花の香りがして、
色は黄金色。


 打ち合わせと称して、
蕎麦屋でまったりランチ。
「くに子さんの好きそうな蕎麦屋があるよ〜」と
連れていっていただいたのが、こちら。

下北蕎麦2
 もう、ツラガマエから旨そうだっ!

 打心蕎庵で「だしんそあん」だそう。

 以前、下高井戸で蕎麦屋をやっていらした、
蕎麦好きたちにとっては、超有名な方のお店でございました。 

 蕎麦を打つところも、ちゃ〜んと見学できます。

下北蕎麦

 当然ながら、素ン晴らしく手際がよい〜♪

 
 ワタクシは田舎系蕎麦が好みでございますので、
挽きぐるみを…

下北蕎麦3

 つゆはけっこう辛めで、
このつゆだけで、酒が呑めるのぉぉっ(うれし泣き)

 次回は、しっかりと「呑む」目的で参上しとうございます。