山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

今、おなか空いてます?

 空いていなければ、大丈夫。
 先に進んでくださいませ。

先日の秋田取材では、
 こんなもん、いただいておりましたの♪


 今、旬でございます。
秋田産のじゅんさいをふんだんに入れた鍋!




合わせた秋田のお酒はこちら。
いずれも美酒ぞろい。
手前のお酒は「栗林(りつりん)」と読みますのよ。

酒@べらぼう



 八森・白瀑さんにお伺いいたしますと
必ず海沿いに青森県に入り、
「福寿草」に寄って食べることにしている
いかさしど〜ん!

いか@福寿草


 季節だから、ついでに
うにど〜ん!

うに@福寿草


 そして、
能代名物「十八番」のラーメン。
レモン入りのラーメンは初体験でございました。

十八番ラーメン


 ふうぅぅ♪ ごちそうさま。

 お腹が空いていた方、ごしゅうしょうさま。


 


 ワタクシの大好きな分野に
「ロボット」があるのでございますが、
 
 以前、お仕事でロボットにどっぷり関わっていたころ、お世話になった理系の学生さんが、

いつのまにか、卒業して、就職して、転職して、結婚までして、
すっかり人生の先輩になってしまいました…

 その彼が、
新婚家庭にごはん食べに来ない?と誘ってくださったので、

ほいほいほいっ!と参上。

 
 「ブログネタになるでしょ??」と提案してくださったので、
彼の手作りお料理のお写真を。

 まずは、スモークサーモン手鞠寿司

 鮨飯はバルサミコ酢をご使用。

 鯛のカルパッチョ


 上に乗っているのは、空心菜の芽だそうで…


ただ、
「おめでとう! 久しぶり〜!」と飲み始めたら、
すっかり、お料理カメラマンになるのを忘れ、

ひたすら、食べて、飲んで
食べて、飲んで、
新婚さんのシアワセな雰囲気に酔っ払うという具合。

 やっと、我に返ったのは、
シメのごはん。


 
  焼きおにぎりのお茶漬け
  叩きキュウリ

 この他にも、
  ○イカの黒作りのライスガレット
  ○お造り(鯵・鯛・スルメイカ)
  ○トマト豆腐  ← トマトと豆腐と豚肉でイタリアンと和風のいいとこどりの料理!
  ○浅利の酒蒸し
  ○手作り豆腐 ← にがりを入れてその場で制作。スクガラスの塩味を借りて、ハフハフいただく!

 
 なんか、すっごく食べて、
すっごく飲んで、
すっごく話して、
夜風に吹かれながらテクテク歩いていたら、
そのまま寝そうになるくらい、
気持ちよくなってしまいましたわ、
おほほ。

 で、
家の主はこちら!

 

 

 どど〜ん
 いただきました。

 たいやき!

 ただし、ちっちゃい!

 体長5センチでございますわんわん!


 このサイズだと、
もう しっぽまでアンコたっぷりとか、
外側パリパリ、中しっとりとか、
そういうの、関係ございませんわね、

パクリですわよ、
一口、パクリ。
 丸呑み感覚ですわ、おほほ。

 でも、お味はまさしく、たいやき。
もっちり系のたいやき。

 ちびたいやき、というんだそうでございます。

 どうやって焼いているんだろ。
人形焼形式かなぁ…。
 
 

 基本的にケーキは大好きなのでございますが、
ほわっとしたクリームが与えてくれる幸福感は、いくつになっても、夢の世界への扉でございます。


 この、くにゅくにゅっ! としたカーブがたまりましぇんっ!
 桜のクリームのプチタルトでございます。

 いえね、
先日、ティーパーティに参加しそこなったじゃございませんか。

 そこで、勝手にリベンジ!(炎)

 アフタヌーンティーに行ってみましたの。

 おほほ、
やはり、ファンシーなお菓子に囲まれて過ごす時間は、最高でございますわね〜♪

 
 ほわほわクリームも好きだけど、
ぷるんぷるんゼリーも愛してるっ!

 
 ローズピップティーのゼリーだって。
爽やか〜綺麗〜♪

 

 九州に参りましたのは先月のことでございますが、
「これは、公開して、みんなにヨダレを垂らしてもらわねば…」という写真が出てまいりましたの。

 お腹空いている方、この先、キケンっ!


 九州では、
長崎在住の友人と、
せっかくだから、どこか行こうよ…というワケで、
北九州をぐ〜るぐる。

 彼女がお土産に馬刺しを買うというので、
有名な馬肉屋さんにくっついて参りました。

 うむ〜、これが、馬肉ね…。

 
 じっとりとショーケースを眺めておりましたら、おしょうゆを貸してくださるというので、
店の一角で食べさせていただくことに…!

 お値段いろいろなのでございますが、
せっかくなので、100g2000円の極上品を…!

これ!



そして、
これなのっ!



お口の中でとろけるけど、
なんか、あっさりしている。
だけど、
にんにくをちょっとのせると、
生肉ならではのちょっとワイルドな香りと甘さが増幅されて
美味びみっ!