山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

急流にもまれて身が締まった大分県豊後水道一帯のお魚。

代表格は、関あじ、関さば

同じ「さば」でも「関」とつくと、値段は倍どころか、どど〜んとン十倍に跳ね上がるとか…


くわばら、くわばら…じゃなくて、

くわねば、くわねば…


大分の夜の宴会場にセレクトされたのは、
街の中心部の料理屋「いかしょう」

 店先には、「関あじ」「関さば」のたれ幕
 店内には大きな生け簀

 いやっほ〜っ!



 早速登場の関さば。

 ワタクシの予想をはるかに上回る大きさ…

 おまけに、

 一切れの大きさがでかい!


 パクっ!

    うっ!

        うぐぐっ!! 

               (喜&驚)


 まず、「喜」

 ぶるん、ぶるん、の弾力! シコシコ、かみかみ、とろっと甘み。
つるつる、ごくんの満足感!

       おいぴ〜っ!

 そして「驚」

 あまっ! 甘いっ! 
さしみ醤油が、こってり甘いっ!


 ほほほ、さばよりも、醤油で九州を実感いたしましたわ。

 でも、この甘さが、実に不思議な旨味感をもたらすのでございます。

 その実力を体感したのは、
 このお店の看板料理でもある「いかすみそば」。


 一見、冷やし中華風。

 いかすみを練りこんだ蕎麦の上に、
 たまごやいかの身、海苔を散らし、
 さっくりかき混ぜて、
 あたたかい麺つゆに付けていただきます。




 このつゆがね、また甘いのよ…

 でも、お蕎麦を付けていただくと…
 甘みがまろみになるのでございます。


 ちょうど、関東の掛けそばに天カスを入れると、
 油の薄い膜のおかげで、
 つゆの塩分に丸みがでるじゃございませんか。

  あれと同じ感覚。

 ああれ? 天かす、入っていたかしらん?
 と思うような、まろやかさ。

 感動のあまり、ガバガバいただきました。

 もちろん、お店の名前が示すとおり、
「いか」の活造りも名物!


 しこしこ、しこしこ、しこしこ、しこしこ…


 あ、
  宴会で飲んだお酒はこちら。




 こちら、すべて、
日本酒プロデューサーの中野繁さんが名づけ親となったお酒。

 
 親が宴会のゲストだから、子供たちが集まったってトコかしらん!



 世の中は皇室ネタで盛り上がること必至の日でございますので、
ちょっと関連して、つい最近お訪ねしたお店を…

 大分県は、大分空港から別府市に向かう途中に位置する杵築(きつき)市。
 そこで300年以上の歴史を誇る料理屋「若栄屋」さまは、皇室の方も訪れる超老舗のお料理屋さんでございます。

 
 こちらの名物が「うれしの」という別名を持つ鯛茶漬け。

 薄いそぎ切りにした鯛を、特製のごまだれにからめたものを、ご飯の上に並べてお茶をかける…!

 鯛は、瀬戸内産のもの、お茶は地元・杵築茶。
 お茶をかけたらフタをして、30秒ほど蒸らせば、
ほ〜ら、こんな感じ!

 うひょうひょ!

 ごまの香りが鼻腔をくすぐり、
鯛の甘味がサラサラの米粒の間を空中浮遊して、特急のスピードで、のどを通過!

 贅沢な品なのに、
あっという間に至福の時は終点を迎えるのでございます。

 「うれしの」という語源は、かつて杵築藩の殿様が、鯛茶が好きだったことに由来するとか。

 普通、殿様のお献立は日替わりが原則らしいのでございますが、
ある日、連続で鯛茶をお出したら
「お、今日も鯛茶か、うれしいのう」と殿様が連呼されたので、
「うれしの」と呼ばれるようになったとか。

 「鯛」&「うれしの」のダブルで、ご披露宴など祝いの席では、必ず出されるのだそうでございます。

 予約なしの飛び込みで行ったので鯛茶だけをいただきましたが、こんな小鉢もついておりました。

 もちろん、このお店の主役は「鯛」でございますから、ちゃんと予約して、フトコロを暖か〜くして行けば、お刺身や、かぶと焼きもついたコースメニューもいただけましてよ〜!

 ちなみに、杵築の様子は
「男はつらいよ 第30作 花も嵐も寅次郎」に出てまいります。
マドンナは田中裕子。
この共演がきっかけで沢田研二と鯛茶モードに突入したようで…


 浜松といえば、うなぎ〜! 

 腹が減っては屋外ライブに参戦できぬ…と、
無人島Fesに乗り込む前に鰻で腹ごしらえすることに…。

 向かったお店は、老舗の八百徳本店。
うなぎ茶漬けで有名な店でございます。

 櫃まぶし好きのワタクシ、お出汁でさーらさらといただく鰻は大好物でございます。
 しかし、この店を選んだのには理由が…

 駅から近い&午前11時からやっている。

 だって、ほら、無人島Fesがメインの目的の浜松入りだから、早めのお昼にして、会場に向かわないと!

 開店してすぐ乗り込んだのですが、すでにほぼ満席に近い状態。
人気あるわぁ!

 普通、うな茶って、1500円くらいのところが多いンだけど、2400円だったから、ちょっと高いかなぁと思いつつ、
まぁ、せっかく浜松の名物なんだし…と、自分自身を説得、説得…。

だが、
しかし、
どっっは〜!

 お櫃のふたを取っておにょろいた!


 ガイドブックには、ごはんの上に刻んだうなぎが乗せてあって…とあったのですが、
まず根本的に、刻んだうなぎという表現、ちと違います。

 これは、切れ目を入れた蒲焼が積み重ねてあるのでございます。
軽く、2匹程度でございましょうか。

 まず、その迫力にやられてしまいます。

 これを一杯めは、そのまま、鰻まぶしごはんとして、いただく…。

 そして、2杯目は、出汁をかけて、お茶漬けに…。

 一度で二度おいしいのでございますが、こんな、テンコ盛りの鰻でございますもの、3度楽しんでさしあげようと、ビールを注文。

 まずは、乗っかっている鰻を肴としていただきます。
 
 次に、鰻まぶしごはん、

 そして、お茶漬け


 このうまさ加減でございjますが、
 上の蒲焼部分だけを肴としていただいた鰻をホップとすると、
 鰻まぶしごはんがステップ、
 お茶漬けがジャ〜ンプっ! の関係でございまして…

 ビールでおなかがガボガボになろうが、
 これから屋外フェスでトイレの心配があろうが、
とにかく、お茶漬けをたらふく、がばがば食って、
食って、食いまくってしまったのでございます…

 う〜、お腹いっぱいだけど、
もっと食べたいっ! (本音)

 決めテは、昆布がきいたお出汁。
 これ、やみつきになりそ〜!

 ちなみに、ワタクシは、
鰻屋の漬物というのもかなり配点を高くしておりまして、

こちらのだいこんのお漬物は、
うなぎまぶしごはんにバッチリでございました!

そういえば、
この店で居合わせた人のほとんどは、
そのまま浜松駅、フェス会場に行くバス乗り場などで、
お互いチラチラと見かけたのでありました〜!

 
 人間、みな、考えることは、おんなじ!

 蕎麦栽培をしたのは、ひとえに蕎麦が食べたいからでございまして…

 おいしい蕎麦を食べるには、どのように栽培したらベストかを研究しようという、ミーティングも開催されました。

 場所は、西那須野ヶ原。「胡桃亭」
http://www33.ocn.ne.jp/~kurumitei/top.index.html


 ま、早い話、
 おいしいものを造るには、おいしいものを食べないとっ!
というわけで、ここで蕎麦三昧でございます。

 蕎麦栽培を含め、こういうお遊び担当大臣・古川修さまのミニライブ付き。

(軽々しく書いていますが、本当はえら〜いお方でございます!)

 
 お料理は、そばがきをはじめとして…
 シメの蕎麦まで11品。

 この蕎麦がき、美味〜! ふんわりしているので、するする食べてしまいますが、もちろんお腹にはズッシリ来ましてよ。
 

 料理の全容をアップすると、羨ましがられるより、恨みを買いそうでございますので、ごく一部を…!

 やっぱ、メインはコレ!
 小樽よりはるばるやってきた、たらば

 ここで問題発生。たらば2杯、ワタクシたち7人。
 この算数はかなり難しい! 
 でも、解を求めるスキもなく、次々に料理と酒が出てきて、お腹いっぱいでございます…

 店主が自身でキャッチしてきたヤマメ&カジカ


 す、すまぬ…
まだ意識があるうちに蕎麦を食わせてくれぇ…


 わ〜い、わ〜い、粗挽きワイルド系の蕎麦! 
 ここの麺つゆ、ちょっと濃いめに割ってある感じで、この蕎麦の甘さがすご〜く引き立ちましてよ。
 最後に、胡桃亭ならではの濃厚そば湯でズズ〜。

 合わせたお酒のメインはこちら。

 悦凱陣(よろこび・がいじん)の「本醸造(11BY)」「山廃讃州雄町(12BY)」
 古川さまが著作「世界一旨い日本酒」で語っておいでのように、常温で保存されていたものを放出! 超熟成しておいでです。

 ワタクシにはちょっと甘めですが、
まろやかで、ボディもしっかりあって、旨いんだわぁ。

 この会で、ブログ「まき子の酒」を書いているまきこチャンとお友達になりましたので、詳細レポートは、そちらをご覧あそばせ。


 このところ、食べ物ネタばかりだったのは、このネタをアップしたかったからこそでございますが、諸事情あって、なかなかアップできず…

 その諸事情とは…??

 まず、とにかく、ワタクシの人生の中でも、かなりの上位ランクを競う超グルメだったからでございます。

 だって、鮎ですわよっ。
 AYU 鮎 あゆっ!

 それも、天然の鮎、複数食べ比べ〜っ!

 ぬわんと贅沢なっ! なっ! なっ! 

 熊野川 揖保川 最上川 仁淀川 の4つの川から、それぞれ鮎を取り寄せて食べ比べる…、
おほほ、こんなことを考えるのは、そう、スーパーグルメの古川修さまでございます。
 ご存知ない方は、「私のスーパーグルメ術」で検索してご覧あそばせ。

 で、ご登場の鮎はこちら! 

 上から、揖保川、最上川、仁淀川、熊野川の鮎たち!


 う…? うぐっ?
 ち、違いが… わかるような、わからないような…(泣)

 だいたい、鮎の食べ比べなんて、鮎の味の違いがワタクシにもわかるのでございましょうか…
 と、ちょっとしょんぼり…

 と、ところが、

 これが、わかるのでございます。
ごく平均的日本人のワタクシがわかるぐらいだから、ほぼ全ての方にわかるぐらい、違うのでございます。

 最初のご登場は、最上川の鮎の「背越し」
 頭とはらわたを取って、そのまま骨ごと薄く切ったもの。

 
 芸術的…
 
 薄くても、パクリといただくと、しっかりと鮎の甘さがある… ううっ 涙
 
 この作品は、会場となった池袋・坐唯杏の、こだわりの仕事人&料理人の武内さまの手によるもの。さすが、武内さま、輪切りにした鮎の骨を包丁で潰しておくという、隠し技アリ。
こういう仕事が料理をランクアップさせますわね…。
 
 あ〜、来て良かったと確信!

 さて、いよいよ焼き鮎ちゃんたち登場!
主催の古川さまによると、「天然鮎の旨さは、川の個性がそのまま現れているところ。川の藻・苔の味が鮎の内臓に移ってくるわけです。それで、苦味と独特の香りがします」とのこと。
 
 
トップは最上川の鮎

 おおお、甘いっ! 
 あっさり鮎なのに、まったり感あり。
 内臓のわたも、まったりと粘度がある感じ。
 おいち〜!

 ニ番手は、揖保川の鮎

 さっきと比べると若干こぶり。
 おぉっ! 最上川と比べるとタンパク。
 わたは、苦味がシャープで、少し青臭い感じ。
印象としては淡白なんだけど、押さえるとこは押さえて、余韻も残しつつ、すす〜っと味が消える感じ。
 うまうま〜!

 お次は仁淀川。

 あっ、揖保川よりコクがある感じ。
 わたは、苦味が薄くて、まったり感があって、余韻は揖保川より続く感じ。
 身は、さらり、さらり。

 シメは、熊野川。

 ちょいと大きめ。風格がございます。
 おお、一番、コクというか、脂が乗っている感じ。
 わたは、苦味がしっかりあるけれど、青臭くない水の部分もかなり感じます。

 基本的にワタクシの好みは揖保川でございましたが、皆さま、意見はわかれまして、ほんと、十人十色でございました。
 
 答え合わせから言えば、最上川のみ天然が入らず養殖だったそうでございます。

 

あわせたお酒は…
 オープニングが、鶴齢・山田錦65%
         宗玄・八反錦
 鮎と一緒に、酉与右衛門(酉と与で一文字・よえもんデス)
       奥播磨・XX 
       悦凱陣・赤岩雄町 
       るみ子の酒 
       白影泉・9号タンク 
 鮎の骨酒・秋鹿80%(with 揖保川の鮎)


 それにしても、「明日から毎日通うから、1日1匹食べさせて」と懇願したくなるくらい、一度に食べるのは、もったいない鮎でございました。