山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

賛成!!

150125.jpg

まずは、鼻をくすぐる、にんにくと肉と野菜が混じった、甘い匂い…

その匂いを、くんくん吸いながら、
パリッと皮の餃子を箸でつまみ…

パリッと噛むと、
もちっとした皮の切れ目から、
じゅわっと熱い肉汁が飛び出して、
はふっと言いながら
餡を口の中でころころ転がして…

口の中が、熱い、あっちっち!となったところに、
がぶっと、冷たいビールを流し込み、
まったり口の中に絡んだ油を
滝のようにぬぐい去り、
咽喉の奥あたりから、
ぐふ〜ん♪と、唸る。

 あ、
食べたくなってきた…(笑)
えぶりばで〜!
 !食べたら動こう年末年始!

 で、
 お正月に来客がございますと、
お客様が帰られた後は、
自分の料理やら、お客様のお土産やらで、
年末以上に、冷蔵庫が130%状態に…(嬉し涙)

 とりあえず、
屋外に保存スペースを確保して、天然冷蔵庫状態・創設でございますが…
 北半球で良かった(笑)
だって南半球は夏!

 こちら、お土産のケーキ♪
150103-1.jpg

 わかるよね?
 
 ひつじ! でございます。

 お味は、モンブランだよ〜ん。
 急に寒くなりました(ぶるぶる)

 天気予報が
「11月下旬の気温」とか「12月の陽気」とか必死に伝えるもんだから、
ついつい、
冬物を買ってしまいました(笑)

 やはり、
人間、同じ行動を取るようで、
突然、冬物が売れ出して、
デパートなどが、売り場変更して、冬物をメインにしているそうな…。

 すでに秋物はセール状態。

 寒い時には欠かせない「おでん」も、
単に寒いときより、
こういう気温差があるときに売れるんだそうな…

 深夜にお腹が空いたときは、
ローカロリーのおでんの大根♪
 いつも助けてもらってます♪
ウニホーレン
ご存知ですか?

ワタクシ、初めて知りました!
141017.jpg
ウニとほうれん草を炒めたものでございますが、
このように、
ほうれん草の上に、
ウニが、そのお姿キープのままで乗っているものが
王道のようでございます。

広島では、
居酒屋メニューのひとつとのこと。

よく知っているほうれん草炒めが、
ウニとのコラボによって、
ヒジョーにラグジュアリーになっております。

初めて食べる人(ワタクシ)にとっては、
ウニとほうれん草を
どのくらいの比率で口に含めばいいのかが、わかりませぬ…

だって、
ウニは、大切にちびちびと…
ほうれん草は、がばっとモグモグ…
のイメージ。

アナ同期のミカちゃんが一言、
混ぜて食べるの〜♪

うぬ〜
ほうれん草の熱で、
生のウニが、まったり溶けて、絡むのね〜♪

ものすご〜く高級な「ほうれん草炒め」を食べた感じで、
なんか、胸どきどき(笑)

2〜3回、食べると、
ちょっと慣れて、
もう少し冷静に味わえるかも…!でございます(笑)
 このところ、カレーの取材を、ちょくちょく、やっておりまして…

 ついつい、カレーに目が行きまする…

 その流れで、週4回くらいの頻度で食べておりますカレー♪

 別件取材のおり、
ちょっと目についたカレーライスを提供する店に入ってみました。
140701-1.jpg

 こちらのお店、
カレーとワインのポール
という、銀座・築地界隈では有名なお店で、
昼はカレーライスの店、
夜はワインバル+カレーの店なんだそう。

 昼時&人気店ゆえに並んでおりますと、
女性陣に人気なのは「グリーンカレー」
男性陣に人気なのが「スタミナごっつカレー」のようでございます。

 そこで、
とりあえず、ハーフ&ハーフをオーダー。
こちらは、
スパイスが効いている、キーマ風の「ポールのカレー」と
「グリーンカレー」のハーフ。

140701-2.jpg

 真ん中の「堰」は、ごはん♪

 千切りキャベツがつくのが、こちらのウリでございます。

 しっかりと濃厚なルーは、スパイスたっぷりで、満足感◎

 かなりのコスパ◎ でございます♪

 夜はワインバーということでございますが、
カレーも食べられるそうで、
カレー×ワインはちょっと魅力的。

 今度は呑める時間に参上いたしますっ♪