山下くに子 / 晴れ、時々、わたし

ワイキキで出会ったワンコは荷台に乗り、
2011 0年11月 nemuro 003.jpg


ワイキキで出会ったニャンコは、つながれていた
2011 0年11月 nemuro 005.jpg


ホテルのテナントに入っていた、ハワイの老舗ブランド
トリ・リチャード
2011 0年11月 nemuro.jpg


通りをひとつ渡ったメイシーズで、40%offだった
2011 0年11月 nemuro 047.jpg

思わずゲットでございますっ!


 blogwを更新しようと致しましたら、
ぬわんと!
設定していた容量めいっぱいで、写真がアップできないことが判明。

 急遽、容量アップをお願いしております。

 @ハワイで、ネタいっぱいなのに、
いやん♪ でございます。

 どうも、ココイチバン! というときに、
ちょんぼが出てしまう、ワタクシ。
 こりゃイカンでございますが、
とりあえず、帰国してからの作業ということで、

 しばし、タンマ♪
 別にハワイでのんびり…というワケではないのでございます。

2011 0年11月 nemuro 042.jpg

 ネット環境はあるのだけれど、
PC自体が不調でございまして、
その調整に時間を費やしているうちに、
blog の更新も、ままならず…。

 おまけに、
じんましん、出たっ(笑)

 ほんとは笑い事じゃなくて、
夜中に、舌の感覚が無くなって目が覚めて、
ありゃ、ま、いいや… と寝て
(酔っ払いは、深く考えずに、すぐ、寝る)
起きて、びっくり。

 あっら〜、
舌もしびれているけど、
ところどころに、ぷくぷくと赤い盛り上がりが…!

 これ、初日のお話で、
思えば、行きの機内で、すでにかゆかったような…

 酒イベントに来て、
酒、飲めず… 

 少し節制したら、
とりあえず、イベント本番日には消えてくれました。

 飲むより、働け、ということかな。

 あとで、イベントの様子をアップしますね♪

先日の番組にゲスト出演していただいた、
岩手県・南部美人の蔵元、久慈浩介さん。

3月11日の大地震のあと、
「自粛より花見を」とネットで訴えて、震災後の人々の意識を変えた、時の人でございます。

あまりにも有名なYOU TUBEの動画がこちら。
http://www.youtube.com/watch?v=UY0FtSqrMBc&feature=player_embedded

ただ、この訴えは「東北の食と酒」を応援しようと、蔵元などが立ち上がったもの。
http://hana-sake.jp/

メッセージの第一弾として、
「南部美人」「あさ開」「月の輪酒蔵店」が動画をアップすることになったのでございますが、
久慈さんは、その中で、動画をアップするのが一番早かった!
 なぜなら、超多忙だったこともあり、ちゃっちゃと、スカイプで撮っちゃったから。
 よくよく見ると、他の人たちは、ちゃんとビデオで撮影していて、画像がきれいなのがわかります。

 最初にアップされたことと、
久慈さんの、ちょっと粗い映像がかえって臨場感を増し、大注目を浴びることに…というのが、真相とか。
 僕よりも、あさ開の村井社長の尽力が大きいんです、と盛んに言っておられました。

 今年の年末、「2011年、影響力を持った10人の日本人」の中に、きっとノミネートされるだろうな…

 もちろん、東北の食と酒、

 特に酒♪ 応援いたしまする!
2010年8月 009.jpg

 ホノルルのアラモアナといえば、
ショッピングであったり、ビーチであったり、
観光客の定番スポット!

 ワタクシも、それっ! とばかり、
行こうと思ったのでございますが、
とりあえず、お仕事優先。

 ハワイの雑感撮影に、ひとりビデオ片手に
アラモアナパークを歩いておりました。

 パークには、バックパッカー風の外国人や、
釣りやサーフィンを楽しむ人、
ただ、のんびりと本を読む人、など、
さまざまな人がくつろいでおられます。

 そんな中、ワタクシに声をかけてきた、
60代くらいのアメリカ人ご夫婦が…。

 どうも、ダンナさんがカメラに興味があり、
「ねえねぇ、何、撮ってんの?
どんなカメラ、使ってんの?」というようなニュアンス。
 
 使っているカメラを見せてあげて、
お互いを撮影してみたり、試写したりで、
ちょいと遊んでいただきました♪

 そのときに、そのダンナさん、
ワタクシが日本から来たと話すと、
「日本には、
母国語じゃなくて、英語を社内で使う決定をした会社があるんだってね? 
キミはどう思う?」
と突然、聞いてまいりました。

ひょえ〜。
楽天のことかしら、ユニクロのほうが先だったかしら
頭の中でニュースがぐるぐる…


 ワタクシは、仕事は効率が勝負と思っている人間なので、
日本語でビジネスできる環境でありながら、
英文で書類を作る作業量や時間、ストレス、
また英語文化と日本語文化のニュアンスの違いにより生まれる新たな誤解発生リスクなどを考えると、
社内全部英語は、日本オフィスでは現実的でないと思っております。


でも、それを英語でちゃんと言えない(泣)

 しどろもどろに意見を話して、
「いや〜、あまり英語がうまくないから、ちゃんと話せないや」と
お茶をにごそうとしたら、
彼が
「だけど、僕は日本語が話せないから、キミにしゃべってもらうしかないよ」

 そりゃ、そうだ。
 

 社内全部英語化の会社の方たちも、
なんか上手に表現できないもどかしさを、
日々仕事の中で感じているのでございましょうか。
 たいへんだな。

 しかし、
社内全部英語の会社ってニュースは、
海外でも大きく取り上げられているのね。
 

2010年8月 014.jpg